みそ健康レポート
みそ健康レポート
第1回 みそとがん予防
みそ健康レポート トップへ戻る 次へ
【2】みそを与えたマウスは、中性子線を当てても肝臓がんになりにくい
マウスに核分裂中性子線を当てると、肝臓にがんができます。がんが発生しやすいとされる雄の場合、みそを10%混ぜたえさをマウスに食べさせると、中性子線を当てても13%のマウスしかがんになりませんでした(普通のえさの場合は、62%ががんになってしまいました)。

参考文献
伊藤明弘「動物実験でわかった、みそのがん予防効果」みそ健康づくり委員会『みそサイエンス最前線』1999年、pp.6-10。
みそ健康づくり委員会『みその話』
全国味噌工業協同組合連合会『みそあっての日本人 増補編』
(注)みそ健康づくり委員会『みそサイエンス最前線』については、1999年2月に改訂版が発行されました。ここでは改訂版にのっとって表示します。
みそ健康レポート トップへ戻る 次へ