商品のご案内
おすすめ商品紹介
減塩みそ
さらに塩ひかえめ
タケヤには「塩ひかえめ」があるのに、「減塩みそ」とか「さらに塩ひかえめ」とか、いろいろな商品があってわかりにくいですね。
 すみません。「塩ひかえめ」や「減塩」という定義が法律でいろいろと変わった結果、商品名がややこしくなってしまいました。お客様に混乱を招いているようで、誠に申し訳ありません。
 整理して説明します。

商品名 みそ100g中の食塩量 食塩を減らした割合※
「塩ひかえめ」 9.9 g 20.2%
「さらに塩ひかえめ」 7.5 g 39.5%
「減塩みそ」 5.2 g 58.1%
※五訂日本食品標準成分表の「淡色辛みそ」(いわゆる信州みそ)との比較

一言に「塩分の少ないみそ」といっても、いろいろあるんですね。
はい。これだけの低食塩みそのラインナップを持っているのは、全国でも当社だけだと自負しております。

それでは、まず「減塩みそ」から説明してください。食塩の量が100g中5.2gということですが、このくらいのみそは珍しいのですか?
 実は、同じくらいの塩分のみそとして、関西や中四国地域でよく作られている「白みそ」があります。関西などでよくお雑煮に使うみそです。だから、単純に珍しいというわけではありません。
 ただし、この「白みそ」は米こうじをたくさん使い、甘く仕上げています。甘酒に近い製法ですね。
 私たちはそうではなく、信州みその風味のまま、食塩を減らそうと考えたのです。

もう少し詳しく説明してください。
 左のグラフは、代表的なみその塩分と麹歩合(大豆に対するこうじの割合。多いほど甘くなる)を表したものです。塩分が低いものほど、麹歩合が上がります。
 逆に言うと、こういう風に作らないとおいしいみそはできない、ということです。昔の人はこういうことを知っていたんですね。
 私たちはこれに逆らって、信州みそとしての大豆や米(こうじ)の配合を変えず、食塩だけを減らすという、難しい課題に挑んだのです。そして生まれたのがこの商品です。

大変な苦労があったのでしょうね。おいしいみそに仕上がったのですか?
 実のところ、通常のみそのイメージで召し上がってしまうと、違和感があるかもしれません。食塩が通常のみその半分以下しかありませんから。ただ、タケヤみそ本来のみその香りは十分にあると思います。食べ慣れているお客様からは「もうこのみそ以外は食べられない」というご意見をたくさんいただいています。

おいしく食べる方法があれば教えてください。
 おすすめは、通常のみそと「合わせみそ」にすることです。例えば、タケヤ「名人のみそ」と1:1の割合で合わせると、塩分9%くらいになります。「名人のみそ」のコクを、塩分ひかえめで楽しむことができます。  合わせみそをするポイントは、みそ汁など料理を作る直前に合わせること。前もって混合してしまうと、旨さが半減してしまいます。

その他には?
 お菓子や田楽みそなど、お料理を作るときに食塩の代わりに使ってみてください。  普通のみそで料理を作ると「少しだけ使ったのではみその風味が出ないが、みその風味を出そうとたくさん使うと塩辛くなる」ということが、往々にしてあります。  ところが食塩が半分の「減塩みそ」を使うと、たくさん使っても塩辛くならないのです。みその風味を十分に生かした料理ができますよ。

さて、それでは「さらに塩ひかえめ」について。
 こちらはみそ100g中の食塩量が7.5gと、ちょうど「塩ひかえめ」(同9.9g)と「減塩みそ」(同5.2g)の中間に位置する商品です。「塩ひかえめ」から、さらに24%食塩をカットしているので、「さらに塩ひかえめ」と名づけました。

こちらの商品はどのような特徴を持っているのですか?
 このみそは、使用している塩に工夫をしています。通常の食塩に加えて、牛乳から生まれた新しい塩「乳清ミネラル塩」を使用することにより、舌に感じる塩分はそのまま、食塩量(ナトリウムの量)を減らすことに成功したのです。

乳清ミネラル塩とは、どういうものですか?
 「乳清」というのは、牛乳からチーズをつくる際に分離される液体部分のことです。
 牛乳に含まれている各種の栄養成分のうち、チーズには脂肪、カゼインたんぱく、脂溶性ビタミンなどが移行します。一方、乳清には大部分のミネラルを含むその他の牛乳成分が移行します。この乳清からミネラルを取り出し、塩として加工したのが「乳清ミネラル塩」です。

この新しい塩の特徴はどんなことでしょうか?
 乳清ミネラル塩の成分をみてみると、いわゆる食塩である塩化ナトリウムの割合は57%程度で、それ以外にカリウム、カルシウム、マグネシウムのようなミネラルが豊富に含まれています。
 一般に食塩が血圧を上げると言われていますが、実は血圧を上げる効果のあるのはナトリウムです。したがって、この乳清ミネラル塩はナトリウムが少ない分だけ、血圧を上げる作用が小さいと言えます。

味としてはいかがですか?
 塩化カリウムなどの物質も塩味がありますので、塩分が通常のみそより4割近くも少ないという印象はないと思います。通常のみそと同じようにお使いいただけます。
 もちろん、「減塩みそ」と同じように、他のみそと合わせてお使いいただいてもおいしいですよ。
タケヤ 特醸みそ
タケヤみそ 塩ひかえめ
減塩みそ さらに塩ひかえめ
名人のみそ